脱オタとその他諸々日記

日々の雑記を書き綴ります。やや意識高めです。

簿記2級合格しました

先日、受験しました日商簿記検定試験2級(第148回/2月25日実施)に合格できました。

今回は、簿記2級合格に至ったまでの経緯を具体的に書いてみたいと思います。(これから受験予定の方は、あくまで参考程度に読んでみて下さい)

 

  • 受験するために必要なもの

○簿記3級に合格できるレベルの知識

なぜかというと、簿記2級合格のためには簿記3級の知識が必要不可欠です。

一応、簿記2級からいきなり受験することは可能ですが、できれば簿記3級を取ってから2級にチャレンジしましょう。万一、ダメだった場合でも保険になります。

また、簿記2・3級は同時受験することができます。(午前:3級、午後:2級)

余力がある方は、同時受験を選択してもいいでしょう。試験本番は思ったよりも緊張するので、ウォーミングアップとして使うのもアリだと思います。

○受験する理由

これは人によって様々だと思いますが、持っておいた方がいいでしょう。

「履歴書に書ける資格を増やしたい」とか「就職・転職に必要」とか色々あると思います。「なぜ、資格を取ろうと思ったのか?」←この部分を明確化しておくと、モチベーション向上につながると思います。これは、勉強するに当たって必要なものなので、言うまでもない事ではありますが(笑)

○勉強時間

個人差があることを考慮すると200時間ぐらい必要かもしれません。

人によって時間調整してもいいと思います。

ちなみに私も勉強時間を計っていたんですが、150時間程度でした。

あくまで参考までにどうぞ。

 

  • 使ったテキスト・参考書など

テキストは自分に合ったものをとことん使い倒すのがベストだと思います。

私は勉強するに当たって「分かりやすさ」を重視していたので、まず以下の2冊をテキストとして使用しました。

 

 

ややあっさりめではありますが、基礎の徹底には最適です。

テキストを読む→テキストの問題編を解くという流れを繰り返すだけです。

1周目は解いていて間違える部分も多いでしょうが、気にせず復習しながらドンドン先に進みましょう。1周終えたら、2周・3周と繰り返しましょう。

何周も繰り返して、間違えた問題がかなり減ったら、別冊のチェックテストをやってみましょう。点数は気にせず、試験形式を知りましょう。

続いて過去問集についてですが、私は以下のものをオススメします。

  

 この本の良い所は、「TAC式 出題別攻略テクニック編」(緑のページ部分)にあると考えます。これは、第一問~第五問までを論点ごとに掲載しています。

この部分をしっかりこなせば、合格可能性はグッと高まるでしょう。

難易度が高いものもあるので一筋縄ではいきませんが、ちゃんとこなせば実力が付くはずです。

これらを一通り終えたら、過去問に移りましょう。

「何年分やるべきか」という疑問を誰しもが抱くでしょうが、最低でも直近5年分はやった方がいいと思います。

解いていて合格点に達しない場合でも心配しなくて大丈夫です。それよりも、何が苦手分野なのかを知る方が有意義だと考えます。逆に、できなくてラッキーぐらいに思いましょう。試験当日で合格点を取ればいいんですからね。

また、解く際に時間配分を気にしましょう。問題を解いていく中で、時間が掛かる問題は知識がまだ定着していない可能性が高いです。問題を見た瞬間に、解法(仕訳)が思い浮かぶレベルまで持っていけたらこっちのものです。徹底して復習を心がけましょう。

ここまで終えたら、予想問題+αに移ります。

個人的に、予想問題は過去問が毎回合格点を取れていて、やるべきことが無くなった人がやるべきだと感じました。

私は過去問演習を中心に据えていたのですが、念のため以下のものだけやりました。

www.boki-navi.com

あと、サンプル問題というものが商工会議所から出ていたので、これを平成29年度分は全てやりました。正直、予想問題をやるならサンプル問題をやった方が効果的だと思います。

最近の試験では、新論点が出題されています。なので、その対策をするのに使い勝手が良かったです。

最後に、電卓についてですが、ボタンが大きいものを選びましょう。

打ち間違いを無くすためです。私は、以下のものを使いました。

 

  •  実際、受験した感想

簿記2級は商業・工業に分かれていますが、工業簿記で満点近く取るのがセオリーだと改めて思いました。最近の試験傾向を見た限り、商業を難しくして、工業を易しめ~標準レベルで作成しているからです。

そして第一問の仕分け問題で16~20点を取って、第二問・第三問でうまく合格点に持っていくという戦略が望ましいです。

試験中はかなり緊張しました。(手が震えるほどには)

でも、試験当日まで頑張った自信があったので、それが良い形で作用してくれました。

時間は15分程余ったので、見直しをしっかりしました。

ケアレスミスがあるかもしれないので、漢字・数字間違いがないか確認を終えた所で

試験終了。好感触だったので、気持ち良く試験会場をあとにしました。

ちなみに、試験点数は82点でした。(商業:46点、工業:36点)

第一問の仕訳問題が20点、第三問の連結精算表が18点取れたのが大きかったんじゃないかと思います。

 

  • 最後に

簿記2級は二回目の試験で合格できました。一回目の試験は合格率が低かったせいもありますが、不合格で悔しい思いをしました。

でも、諦めずに頑張れば合格できることを証明できて嬉しいです。

この記事が、受験生の皆さんの一助になれば幸いです。

 

『7つの習慣』

書評の第五弾。ジャンルで言うと「自己啓発本」に関しては、この本で一旦〆ます。

 

⚪︎どんな本か?

スティーブン・R・コヴィーによる自己啓発本。私達が抱えている問題や、感じている痛みは普遍的である。しかしその解決方法は、歴史の中で長く繁栄した社会全てに共通する原則・不変にして普遍の原則・自明の原則に基づいている。コヴィー氏は、これらの原則を明確化して、体系づけることに成功した。その解説本というのが当書である。

⚪︎感想

読み終わってまず真っ先に思ったのは、「この本に書いてあることを忠実にしっかりこなせれば、何事も成功確率は99%まで伸ばせる」ということである。いまいちピンとこない人もいると思うので、以下の図を見てもらいたい。

f:id:departure-hunter:20180311224544j:image

コヴィー氏が言うには、私的成功(第1・2・3の習慣)を収めてから、公的成功(第4・5・6の習慣)を収めるべきだと説く。そして、第7の習慣が身につけば、他の全ての習慣を実現可能にするのである。

詳しくは当書を買って読めば分かるが、非常にロジックに富んでいると感じた。胡散臭さは微塵も感じなかったし、実践に持ち込める内容であると感じた。各章の終わりに実践方法が載っています。

個人的に良かったなと思うのは、"Inside-out"という考え方。具体的に言うと、内面から自己変革を図るということ。今までは「性格を変えるのは難しいんじゃないか?」と疑問を持っていました。しかしこの本を読んだことで、洗練された習慣を身につけた上であれば、多少なりとも自分を変えることが可能だという考え方にシフトすることができました。

あと、すごく良い意味で刺さった名言があったので載せときます。

“人格は繰り返し行うことの集大成である。それ故、秀でるためには、一度の行動ではなく習慣が必要である” by アリストテレス

結局、積み重ねが大切ということですね。

でも、いきなりこの本を読んで7つの習慣を実行できるかと言われると、重い腰を上げざるを得ないでしょう。なので、まずはどれか一つでも習慣を継続するのが良いのではないでしょうか。他の習慣に対しても波及効果が見込めるので、現実的な案だと考えます。

バランスが非常に良い本なので、バイブルとして何度も読み返す価値はあると思います。個人主義に走る自己啓発本が多い中、当書は人格主義を唱えています。

本質的な生き方を考えてみたい方にオススメできる本だと言えるでしょう。

※ティーンズ版、25周年記念版などもあるのでニーズに合わせて本を選んでみてください。

 

『自助論』

書評の第四弾です。読書が少しづつ習慣化できてきたので良い感じです。

 

 ○どんな本か?

サミュエル・スマイルズというイギリスの著述家による本。本のタイトル通り、自立(自己鍛錬)をメインテーマとしていますが、他にも重要事項が散見されます。明治時代に中村正直による日本語訳『西国立志編』と題して出版されており、当時は『学問のすすめ』と並んで広く親しまれていたそうです。

○感想

かなり勇気をもらえました。世界には偉人として挙げられる人が多数いますが、各人どのような経緯を辿っていって大成したかがテーマと絡めて述べられています。もちろん時代背景の影響もあるとは思いますが、当書では研究者が多く述べられています。各分野に多大なる影響を与えてきた人ばかりで、現代へと連綿たる影響を与えています。

どうしても「天性の素養があったから頑張れたんじゃないの?」との疑問が浮かびますが、むしろ恵まれない貧者だった人が多数でした。各々に共通していたのは、どんな困難があってもめげずに続けたこと。"trial and error"ってやつです。(正直、現代人の私にしてみたら足を向けて寝られませんね......) 付随して、筆者は勤勉さ・忍耐強さの大切さを説いています。

前半は上記に書いた通りで、後半は人間論・人生論について突っ込んだ話が見られます。

この本を読んで人生を過去・現在・未来に渡って思い巡らせて、反省すべき点は見直して、伸ばせそうな長所は伸ばすといういわば「本というメディアによるチェックリスト」として利用できそうな感が個人的にします。結構、厳しいことも書かれているので、怠惰な人が読むと何よりも良い薬になる気がしました。

特に、時間・金の浪費家にとっては耳が痛いことが述べられています。この本キッカケで考え方を変えるのも良いでしょう。自己投資にベクトルが向きそうです。

生きていく上で、競争・嫉妬などの渦に巻き込まれることは必至ですが、意志力の確立は最も大切だという格言を大事に胸にしまいます。また読み直したいと思える良書でした。

明日からまた頑張るぞー!

 

『孫子の兵法』

書評の第三弾。前回に比べて、かなり読みやすかったです。

 

⚪︎どんな本か?

春秋戦国時代の兵法家・孫武の著書だと伝えられている。各章で戦術の説明→それが活かされた具体例という構成が主である。随所に、組織論・企業論と絡めたアプローチも見られる。

⚪︎感想

まず、古典的な戦術論にも関わらず、現代に即したものが多いと感じた。「彼を知り己を知れば、百戦して殆うからず」が一番有名であるが、その他にも活かせられる格言があったと感じる。

「ビジネス本として使えると聞いたが、どういう意味合いだろう?」と読了前は思っていたが、意味が分かった。端的に言えば、社会を仮想敵として考えた時に、困難にぶつかった場合どうしたら切り抜けられるかを"methodology"として散りばめているのである。だから、活用できると明言している。

個人的に、「一面的な見方は危険である」という考えは心に響きました。言い換えれば、大局的視点を持つことが大切だということ。文化大革命で有名な毛沢東もこの思想を持っていました。

あと、正攻法と奇策は混ぜて使うのが大切だというのも納得がいきます。兵法として、多数の軍勢を集めて攻めるのが定石ではありますが、これだけでは勝てない場合も往々にしてある。時には地の利を活かして攻めるケースもあれば、敵軍から兵士を謀反させて内部分裂を図るケースなどもある。奇策を戦術として組み込むことで、圧倒的に不利な状況でも打開ができる。現実世界でも同じで、向こう側に行く際に高い壁があると登って乗り越えなければならないと思いがちである(=正攻法)。しかしそれが難しい場合は、壁に穴を開けて潜り抜けたり、横からショートカットしたりする方法も取れるのである(=奇策)。正攻法だけでなく、奇策も上手く活用していくべきなのである。

孫子の兵法』は世界的にあらゆるジャンルの人々に好まれているのも分かる気がしました。日本だと武田信玄(戦国期武将)の「風林火山」は孫子から来ているというのは初耳でした。

具体例を読みやすくする為に、三国志演義を一読しとくのもアリかと思われます。

"QOL(Quality Of Life)"を上げる為に活かせられそうな本だと感じました。あと、権謀術数を知る取っ掛かりにも使えるかと。コスパに優れた良書だと思います。

 

 

パソコン掃除

何かパソコンの調子が悪くて困っていた矢先、パソコン電源🔌が再起動しまくるという事件が...色々ググってみるものの埒があかず.°(ಗдಗ。)°.

そこで中身を掃除することにしました!

f:id:departure-hunter:20171210135108p:image

買ってから5年も経っていたにも関わらず、全く手入れしていなかったのでこの有様...

とりあえずパソコン用ブラシでホコリを取ることに。

f:id:departure-hunter:20171210133638j:image

「おや...?どうやらCPUファンが怪しいのでは? 」と推理。マザボとCPUファンをエアダスターでキレイキレイしました。

f:id:departure-hunter:20171210133834j:image

こいつがHDD。外付けでも売ってますね。

これらを丁寧に掃除していき...グリスをはみ出さないようにCPU基盤に丁寧に塗り...無事終了。

所要時間:約2時間30分

(※終了後の画像撮ってなくてすいません。舞い上がってました←)

そして、起動してみると...

 

 

 

 

....................起動した!

無事に事なきを得ました。

「パソコンが再起動を繰り返している」&「電源を入れると異音がする」というケースだと、CPUファンが上手く排熱できてないということが分かりました。こまめに掃除するのも大切なんですね。

以下に参考になったサイトを載せときます。

www.dospara.co.jp

www.pc-master.jp

久々にボウリングしました

ボウリングってあまりしないんですが、久々に友人誘っていきました。

f:id:departure-hunter:20171209010210j:image

いざボウリングをすると思ったより力が出ず...(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

116,93,114というスコアでした(3ゲーム投げて)

その後にビリヤード🎱を少々。泥試合になりかけましたが、何とか決着。友人の勝利

そして御飯を食べにいき楽しく談笑。年末にTCGをやることになりそうです...頑張ります💪

あと、TSUTAYAに行ってアニメウィンドウショッピング?的なこともしました。アマガミとISの好きなキャラが分かれましたがオタクあるあるなので仕方ない。ちなみに私は梨穂子とラウラが好きです╰(*´︶`*)╯♡

今日はめがっさ楽しかったとさ。めでたしめでたし。

 

おしまい!

 

アマガミ(特典なし)

アマガミ(特典なし)

 

 

 

『日本の統治構造 〜官僚内閣制から議院内閣制へ〜』

続けての書評になります。

 

⚪︎どんな本か?

政治システムの一つである議院内閣制の基盤を通して、政治史・比較政治的な観点から日本の国家統治システムにアプローチした本。

 ⚪︎感想

良い意味でも悪い意味でも、読み応えがあった...。私はある程度の基礎知識があったので何とか完走できましたが、脳内整理しながら読み進める必要に駆られました。多分、初学者の人は専門用語を噛み砕かないと読めないと思います。(稟議制・族議員コアビタシオンetc...)

特に読んでて面白かった箇所は、アメリカ・イギリスなど諸外国の統治機構から見た日本。あと、戦後日本における政治構造の問題かな〜と。

アメリカを踏襲した委員会中心主義である日本の国会システムの中途半端さであったり、歴史からアプローチした各国の政治史などが理解できた。比較政治は好きな分野なんですが、この本読んで更に好きになりました。アメリカが国際政治・世界経済のスターダムにのし上がって行政府主導体制へと移る経緯とか、議院内閣制の発祥地であるイギリスが掲げる政治行政分断論とか。

以下、個人的に読みにくかった箇所をば。

【第2・3章】

省庁代表制&政府・与党二元体制は奥まった議論が中心なので、飛ばし読みしてもいいかも。実際に官僚・政治家だと理解しやすい内容です。一応、内容はギリギリ何とか把握できましたが、頭に残りにくいのなんの...骨折れますぜ兄貴...

【第6章】

消費税導入した竹下内閣〜郵政民営化でお馴染みの小泉内閣までの政治・行政改革。ザックリどの首相が何したかぐらいは知ってましたが、背景知識あると更に読みやすかったのかなと。細川内閣の衆議院選挙制度改革(小選挙区比例代表並立制への移行)は有名事項。そして、橋本内閣の行政改革会議による内閣機能強化(12省庁より1ランク高い内閣府創設etc...)は"Important Cabinet reform"だと思います。

注意点として、この本の出版は2007年なので、2009年に民主党政権になる前です。所々、自民党政権は変わらず云々〜的な記述ありますが、政権交代する前であることを頭の片隅に置いて読んだ方が良いかと。

用語は、行政学+政治学を一通り勉強してる人なら、大丈夫だと思います。

 

次は軽い記事書く...!(宣言)