Horse not slack not

日々の雑記を書き綴ります。過度な期待はしないでください。

『自助論』

書評の第四弾です。読書が少しづつ習慣化できてきたので良い感じです。

 

○どんな本か?

サミュエル・スマイルズというイギリスの著述家による本。本のタイトル通り、自立(自己鍛錬)をメインテーマとしていますが、他にも重要事項が散見されます。明治時代に中村正直による日本語訳『西国立志編』と題して出版されており、当時は『学問のすすめ』と並んで広く親しまれていたそうです。

○感想

かなり勇気をもらえました。世界には偉人として挙げられる人が多数いますが、各人どのような経緯を辿っていって大成したかがテーマと絡めて述べられています。もちろん時代背景の影響もあるとは思いますが、当書では研究者が多く述べられています。各分野に多大なる影響を与えてきた人ばかりで、現代へと連綿たる影響を与えています。

どうしても「天性の素養があったから頑張れたんじゃないの?」との疑問が浮かびますが、むしろ恵まれない貧者だった人が多数でした。各々に共通していたのは、どんな困難があってもめげずに続けたこと。"trial and error"ってやつです。(正直、現代人の私にしてみたら足を向けて寝られませんね......) 付随して、筆者は勤勉さ・忍耐強さの大切さを説いています。

前半は上記に書いた通りで、後半は人間論・人生論について突っ込んだ話が見られます。

この本を読んで人生を過去・現在・未来に渡って思い巡らせて、反省すべき点は見直して、伸ばせそうな長所は伸ばすといういわば「本というメディアによるチェックリスト」として利用できそうな感が個人的にします。結構、厳しいことも書かれているので、怠惰な人が読むと何よりも良い薬になる気がしました。

特に、時間・金の浪費家にとっては耳が痛いことが述べられています。この本キッカケで考え方を変えるのも良いでしょう。自己投資にベクトルが向きそうです。

生きていく上で、競争・嫉妬などの渦に巻き込まれることは必至ですが、意志力の確立は最も大切だという格言を大事に胸にしまいます。また読み直したいと思える良書でした。

明日からまた頑張るぞー!

 

 

 

スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫

スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫

 

 

 

 

 

 

『孫子の兵法』

書評の第三弾。前回に比べて、かなり読みやすかったです。

 

⚪︎どんな本か?

春秋戦国時代の兵法家・孫武の著書だと伝えられている。各章で戦術の説明→それが活かされた具体例という構成が主である。随所に、組織論・企業論と絡めたアプローチも見られる。

⚪︎感想

まず、古典的な戦術論にも関わらず、現代に即したものが多いと感じた。「彼を知り己を知れば、百戦して殆うからず」が一番有名であるが、その他にも活かせられる格言があったと感じる。

「ビジネス本として使えると聞いたが、どういう意味合いだろう?」と読了前は思っていたが、意味が分かった。端的に言えば、社会を仮想敵として考えた時に、困難にぶつかった場合どうしたら切り抜けられるかを"methodology"として散りばめているのである。だから、活用できると明言している。

個人的に、「一面的な見方は危険である」という考えは心に響きました。言い換えれば、大局的視点を持つことが大切だということ。文化大革命で有名な毛沢東もこの思想を持っていました。

あと、正攻法と奇策は混ぜて使うのが大切だというのも納得がいきます。兵法として、多数の軍勢を集めて攻めるのが定石ではありますが、これだけでは勝てない場合も往々にしてある。時には地の利を活かして攻めるケースもあれば、敵軍から兵士を謀反させて内部分裂を図るケースなどもある。奇策を戦術として組み込むことで、圧倒的に不利な状況でも打開ができる。現実世界でも同じで、向こう側に行く際に高い壁があると登って乗り越えなければならないと思いがちである(=正攻法)。しかしそれが難しい場合は、壁に穴を開けて潜り抜けたり、横からショートカットしたりする方法も取れるのである(=奇策)。正攻法だけでなく、奇策も上手く活用していくべきなのである。

孫子の兵法』は世界的にあらゆるジャンルの人々に好まれているのも分かる気がしました。日本だと武田信玄(戦国期武将)の「風林火山」は孫子から来ているというのは初耳でした。

具体例を読みやすくする為に、三国志演義を一読しとくのもアリかと思われます。

"QOL(Quality Of Life)"を上げる為に活かせられそうな本だと感じました。あと、権謀術数を知る取っ掛かりにも使えるかと。コスパに優れた良書だと思います。

 

孫子の兵法 (知的生きかた文庫)

孫子の兵法 (知的生きかた文庫)

 

 

 

パソコン掃除

何かパソコンの調子が悪くて困っていた矢先、パソコン電源🔌が再起動しまくるという事件が...色々ググってみるものの埒があかず.°(ಗдಗ。)°.

そこで中身を掃除することにしました!

f:id:departure-hunter:20171210135108p:image

買ってから5年も経っていたにも関わらず、全く手入れしていなかったのでこの有様...

とりあえずパソコン用ブラシでホコリを取ることに。

f:id:departure-hunter:20171210133638j:image

「おや...?どうやらCPUファンが怪しいのでは? 」と推理。マザボとCPUファンをエアダスターでキレイキレイしました。

f:id:departure-hunter:20171210133834j:image

こいつがHDD。外付けでも売ってますね。

これらを丁寧に掃除していき...グリスをはみ出さないようにCPU基盤に丁寧に塗り...無事終了。

所要時間:約2時間30分

(※終了後の画像撮ってなくてすいません。舞い上がってました←)

そして、起動してみると...

 

 

 

 

....................起動した!

無事に事なきを得ました。

「パソコンが再起動を繰り返している」&「電源を入れると異音がする」というケースだと、CPUファンが上手く排熱できてないということが分かりました。こまめに掃除するのも大切なんですね。

以下に参考になったサイトを載せときます。

www.dospara.co.jp

www.pc-master.jp

久々にボウリングしました

ボウリングってあまりしないんですが、久々に友人誘っていきました。

f:id:departure-hunter:20171209010210j:image

いざボウリングをすると思ったより力が出ず...(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

116,93,114というスコアでした(3ゲーム投げて)

その後にビリヤード🎱を少々。泥試合になりかけましたが、何とか決着。友人の勝利

そして御飯を食べにいき楽しく談笑。年末にTCGをやることになりそうです...頑張ります💪

あと、TSUTAYAに行ってアニメウィンドウショッピング?的なこともしました。アマガミとISの好きなキャラが分かれましたがオタクあるあるなので仕方ない。ちなみに私は梨穂子とラウラが好きです╰(*´︶`*)╯♡

今日はめがっさ楽しかったとさ。めでたしめでたし。

 

おしまい!

 

 

 

アマガミ(特典なし)

アマガミ(特典なし)

 

 

 

 

 

 

 

 

『日本の統治構造 〜官僚内閣制から議院内閣制へ〜』

続けての書評になります。

 

⚪︎どんな本か?

政治システムの一つである議院内閣制の基盤を通して、政治史・比較政治的な観点から日本の国家統治システムにアプローチした本。

 ⚪︎感想

良い意味でも悪い意味でも、読み応えがあった...。私はある程度の基礎知識があったので何とか完走できましたが、脳内整理しながら読み進める必要に駆られました。多分、初学者の人は専門用語を噛み砕かないと読めないと思います。(稟議制・族議員コアビタシオンetc...)

特に読んでて面白かった箇所は、アメリカ・イギリスなど諸外国の統治機構から見た日本。あと、戦後日本における政治構造の問題かな〜と。

アメリカを踏襲した委員会中心主義である日本の国会システムの中途半端さであったり、歴史からアプローチした各国の政治史などが理解できた。比較政治は好きな分野なんですが、この本読んで更に好きになりました。アメリカが国際政治・世界経済のスターダムにのし上がって行政府主導体制へと移る経緯とか、議院内閣制の発祥地であるイギリスが掲げる政治行政分断論とか。

以下、個人的に読みにくかった箇所をば。

【第2・3章】

省庁代表制&政府・与党二元体制は奥まった議論が中心なので、飛ばし読みしてもいいかも。実際に官僚・政治家だと理解しやすい内容です。一応、内容はギリギリ何とか把握できましたが、頭に残りにくいのなんの...骨折れますぜ兄貴...

【第6章】

消費税導入した竹下内閣〜郵政民営化でお馴染みの小泉内閣までの政治・行政改革。ザックリどの首相が何したかぐらいは知ってましたが、背景知識あると更に読みやすかったのかなと。細川内閣の衆議院選挙制度改革(小選挙区比例代表並立制への移行)は有名事項。そして、橋本内閣の行政改革会議による内閣機能強化(12省庁より1ランク高い内閣府創設etc...)は"Important Cabinet reform"だと思います。

注意点として、この本の出版は2007年なので、2009年に民主党政権になる前です。所々、自民党政権は変わらず云々〜的な記述ありますが、政権交代する前であることを頭の片隅に置いて読んだ方が良いかと。

用語は、行政学+政治学を一通り勉強してる人なら、大丈夫だと思います。

 

次は軽い記事書く...!(宣言)

 

日本の統治構造―官僚内閣制から議院内閣制へ (中公新書)

日本の統治構造―官僚内閣制から議院内閣制へ (中公新書)

 

 

『人生の勝算』

ブログで書評をするのは初めてだが、読了して面白かったので書き記してみようと思う。

○そもそも、どんな本か?

SHOWROOMというライブ配信サービスを立ち上げた、代表取締役社長である前田裕二のビジネス本である。こう聞くと堅い印象を受けるが、本自体はかなり読みやすかった。(私は2時間程度で読み終わりました)

○感想

まず、前田さんはとにかく真っ直ぐでエネルギッシュな印象を受けた。吸収率が非常に高いし、やると決意したら全身全霊で努力をする。良い意味でワーカーホリックな方だが、このような性格なので仕事が楽しくて仕方がないのだろうと感じた。

SHOWROOMはチラッと聞いたことはあったが、この本を読んで揺るぎない信念のもとで築きあげられたのだと知った。サービス提供責任者として威信をかけているのが文章からひしひしと伝わってきたので、読者側としても読んでいて楽しかった次第。

サービスの核として、「interaction(相互作用)」を重視していましたが、これは特に共感できました。一方通行のサービスでは、ライブ感が味わいにくいし、何より参加型メディアが進歩してきているのにも関わらず自己/他者の間に見えない壁を作り上げてしまっている。具体例を挙げると、テレビ離れである。正直、一般人参加型のテレビ番組がやや増えてきているのは、こういった実情を加味しているからだと考えている。

いわゆる起業家のHow to本としての側面がメインというよりは、どこか閉塞感を感じている人に向けての起爆剤として活用できそうな気が強くした。なので、心機一転するキッカケとしてこの本を読んでみるのもありだろう。実際に、読んで損は無いはず。

 

人生の勝算 (NewsPicks Book)

人生の勝算 (NewsPicks Book)

 

 

「脱オタ」について考えてみた

今回は備忘録として書き記すつもり。そもそも、このブログ自体が個人的に思ったことをつらつらと書き連ねるものなのでそこまで気にしないようにしようと思う。

 

別にオタク文化を毛嫌いするようになったわけではないが、この文化は現実と距離を置くものだと個人的には感じる。二次元に没頭すると自分の人生を俯瞰視点で見るようになる。バイアスがかかるとでも言えようか。没頭している度合いが高すぎるとモラル・リテラシーみたいなものから始まり、身嗜みや品性なども自分好みであればいいので、あまり気を使わなくなる。

 

私も様々な人と会ってきたが、今でも交流が続いているのは適度な距離感を持ってオタク趣味を楽しんでいる人ばかりだ。オタク趣味に全振りしている人とは何故か折り合いがつかない。虫が悪く感じるのである。(偉そうに言える身分ではないですが...)

 

本題に戻るが、「"脱オタ"ってすぐにできるものなのか?」という疑問が残る。でも解決策は単純だと考えていて、自分自身が夢中になれるものを探してあげることだという結論を導き出した。いきなり難しいことをすると骨が折れるので、自分なりに一歩一歩を着実に積み重ねられることをしていきたい。

 

勘違いしてほしくないのだが、アニメ・漫画・ゲーム等を完全に断ち切るわけではないので悪しからず。オタクっぽい理屈をまとった性格を変えたいのである。二次元コンテンツに罪はないと考えている。

 

やや矛盾しているところがある気もしますが、書きたいことが書けたので満足です。