脱オタのすゝめ

日々の雑記を書き綴ります。やや意識高めです。

三国志展

こんにちは!先週、3日連続電車遅延に遭ったyassuです。

本日は"三国志展"に関する記事を書こうと思います。

気楽に書くので、気楽に読んでください笑

f:id:departure-hunter:20190908005308j:image

  ぶっちゃけ楽しい?

結論から言うと、三国志好きは行ってもいいとは思う。

但し、三国志の知識がない人は微妙かも。

私は、吉川三国志を全巻所持しており、三国無双等もやったことがあるので

楽しめました。(知識があるので)

例えば、"三顧の礼"って故事成語は「劉備の3度にわたる訪問の結果、ようやく諸葛亮孔明がそれに応え、軍師としてその旗下に加わった」ことが由来だったこととか...

ある程度、細かい知識があると照らし合わせられるのでより楽しめるかと!

写真撮影が全てOKだったのでバシャバシャ撮っちゃいましたー

てな感じっす。写真載せときます。

 

◎人形

魏・呉・蜀の”長”

施設内に同様の人形がチラホラあった。

曹操...大好きだ......(私は曹操が一番好きです。)

カリスマ性があって決断力もあり、栄枯盛衰を体現する様を魅せるバランスが素晴らしい。劉備も好きだけど、人徳でゴリゴリ押すタイプで"戦"向きではないのが-ポイント

三国だったら魏が一番好きです。良い意味でガツガツしてるので。


f:id:departure-hunter:20190908000147j:image

f:id:departure-hunter:20190908000131j:image

f:id:departure-hunter:20190908000142j:image

 

◎模型


f:id:departure-hunter:20190908000737j:image

f:id:departure-hunter:20190908000743j:image

これもチラホラあった。造りは良いと思う。

歴史関係のイベントだったらあるあるの物。

 

◎武器


f:id:departure-hunter:20190908001040j:image

f:id:departure-hunter:20190908001044j:image

左は三国無双の青龍偃月刀(関羽が使ってたやつ)

余りにもデカくて写真に収まらなかった...笑

見た目のインパクトがあるのでGOOD!!!

 

曹操高陵(※写真クリックして拡大してください)


f:id:departure-hunter:20190908001526j:image

f:id:departure-hunter:20190908001521j:image

f:id:departure-hunter:20190908001531j:image

f:id:departure-hunter:20190908001517j:image

f:id:departure-hunter:20190908001510j:image

 とにかくデカい!

当時は「墓の大きさ=その人物の権力の大きさ」を表すと言われていた時代なので

如何にして曹操が強大な人物かが伺えた。

なんか、ゼルダシリーズとかで出てきそうな感じだった笑

 

最後に

イベントは9/16(日)までやってるみたいなので、興味ある方はどうぞ。

(上野で開催しています。)

次もイベント関連の記事を載せる予定です~

ではでは~ノシ

 

読書会

こんにちは!最近、UNIQLOによく行くyassuです。

本日は"読書会"に関する記事を書こうと思います。

ちなみに、都内で開催されているものに2回行きました。そこで感じたことについて

述べたいと思います。

f:id:departure-hunter:20190518182535j:plain

 

そもそも「読書会」とは?

時間を決めて集まり、参加者の方々で自分の持ち寄った本をプレゼンする形式です。

年齢層を絞っていたり、本のジャンルが固定されていたり...そこら辺は読書会によって

多少の違いはあるかと思います。

いずれにせよ読書に興味がある人達が来られます。

私は、オールフリー(自分の好きな本を持って来て自由にプレゼンする形式)の読書会

に2回参加しました。

 

個人的な感想

まず、「自分が好きな本」を上手く言葉で説明するのって意外と難しいと思いました。

(例えば、どの箇所が響いてどういった人々に読んでほしいか等)

私の場合、ある程度は型を決めてプレゼンしているのですが、コツが要るかと思います。伝わりやすく短く簡潔に話したり、「3点説明します~」って前置きしたりとか。

仕事のプレゼンだと気合入れて資料作りますが、読書会は緩く設定されているので

気楽に情報共有できるのがいい所だと感じます。(プレゼンの質は要求されないので)

あと、いわゆる"意識高い系"本を好んで読んでいる方も一定数いるなと感じました。

以下の表をご覧ください。 (図:4象限マトリックス)

f:id:departure-hunter:20190518201547j:image

ざっくり書いたので細かい所は気にしないで頂ければ幸いです...笑

(補足:右下は本を娯楽として考えているということです。)

理想は表で言うと"右上"です。[意識:高い・読書量:多い]

しかし、「かなり本を読むけど、読むだけで満足してしまっている」

"情報メタボリックシンドローム(インプット過多)"も右上に入ります。

目的があって読めてるなら何読んでもいいと思いますけど、あまり考えずに「世間の人が注目しているから~」「Amazonレビューが高評価だったから~」みたいな安直な理由での読書はできるだけ避けた方が賢明です。

これをすると、"本=浪費物"と化してしまいます。下手すると時間の無駄になります。

吸収率を考えても、主体的に考えて"芯を食ってる"本を読んだ方が良いと思います。

でも、読書は趣味なんで自由にしたらいいと思います。価値観は人それぞれですし。

(あくまで、個人的意見に過ぎないので)

 

最後に

読書を始めたての方はこういったイベントに参加するのもアリだと思います。

(もちろん、読書をがっつりしてる方も。)

敷居は低いですし、本好きな人や最近読書を始めた方々がどういった本を読むか

データを集めることもできるので。

朝活の一環として実施している所もあったりします。

興味がある方は近くで読書会が実施されているか調べてみてはいかがでしょうか?

 

ではでは~ノシ

 

美容院

どうも! 最近、部屋掃除が捗っているyassuです。

今回は、"美容院"に関する内容を書こうかと思います。

昨日、友人と飲んでいて「美容院・床屋」に関する話が出たので

今回触れてみようかと思った次第です。

では、長所・短所を比較して見ていきましょう。

f:id:departure-hunter:20190428094217j:plain

 

美容院

【長所】

・自分好みの髪形にできる。散髪で失敗することがない。

・スタッフや店内等に清潔感があって良い。

・(話すのが好きであれば) 話をしてコミュニケーションが取れる。

【短所】

・値段が高い。オプションを追加すると尚更。

・敷居が比較的高い。予約が必要だったりするので。

 

床屋(1000円カット含む)

【長所】

・値段が手頃。学生でも行きやすい。

・(話したくない人は) 話す必要がない。

・(1000円カットには無いが) 顔剃りが気持ちいい。

【短所】

・カスタマイズできる髪型の幅が狭い。

・(客層の影響もあるが) お洒落な雰囲気はあまり感じられない。

 

個人的に...

私は元々、床屋しか行ったことがなかったのですが、社会人になって美容院デビュー

しました。

どちらも経験してる身ですが、美容院の方が好きです。

値段は張りますが、"髪型セット+コミュニケーション+空間代"にお金を出している

と考えれば、割り切れます。

ちなみに、私は毎回同じ女性のスタイリストさんにお願いしてますが、髪型のセットは

勿論のこと、話も弾みますし、美容院に行くのが良いリフレッシュになってますね。

社会人になって思うようになったんですが、人に会うなら清潔感が大切だと思うん

ですよ。特に、女性と会う時は大切です。

なので、「手っ取り早く清潔感を出すにはどうするか?」って考えたら「髪型・服装を整えること」辺りが候補に挙がるので、ケチらずに行くようにしてます。

確かに敷居は少し高く感じるかもしれないですが、最低限の身嗜みチェックをしていけば問題ないと思います。

(流石に、ガチなコミュ障の人はキツイかもしれませんが...)

 

まとめ

「オタクは美容院に行こう!」←まとめになってない笑

 

ではでは~ノシ

 

TOEICで600点超える方法

こんにちは。鶏皮揚げをつまみで晩酌するのにハマってます。yassuです。

さて、今回は資格(TOEIC)に関する記事です。

対象としている方々は

「最短時間でTOEIC600点取得したい方」です。なので、ガッツリ高得点目指したい方は他の方のブログを参考にして下さい笑

(ググれば参考になる記事は沢山あるので)

では、本題に移りましょう。

 

 得点の変遷

390(大学時代)→520(2018年6月)→650(2019年3月)

こうみると、順調に伸びてますね笑

一応、写真載せておきます。

※個人情報あるので、モザイクかけてます。

f:id:departure-hunter:20190413101220j:image

 

どうやって勉強したのか?

まず、とあるサイトを参考にしました。

37toeic.com

このサイトで必要な参考書を選んで、あとは自己流で勉強していった感じです。

各参考書の勉強法は下記にて。

 

勉強時間

しっかり計って、約220時間でした。参考までにどうぞ。

学生の方であれば大丈夫でしょうが、社会人の方であれば時間を捻出しにくいです。

私も社会人で時間を作ることが大変でしたが、隙間時間を上手く活用しました。

例えば、昼の休憩時間とか通勤時間とか気合出せばどこでも勉強できます。

試験1週間前は、職場のトイレで勉強したりしてましたけど、「俺...やばいな」って

色んな意味で思いましたね。鬼気迫るものがあったというか笑

 

参考書の使い方

では、具体的な使い方をご紹介します。

(興味がある方は、リンクから購入を検討してみて下さい。)

 

まず、この参考書で中学英文法を総復習しました。

 

この参考書のいい所は、「網羅性が高い」ことです。

これ一冊やりこんで文法知識の土台を作ります。

「中学英文法?楽勝じゃない?」って思う人もいそうですが、バカにできないです。

意外と抜けてる箇所があったりするので、やる価値あります。

 

続いて、この本で発音を勉強。

 

"日本人がどうネイティブスピーカーの発音に近づけられるか"っていうのが

この参考書の肝なので、音読しつつやるのが良い感じです。

勉強で疲れた時に、気分転換でこの本を使うことが多かったです。

 

続いては、単語の勉強です。

 

これは間違いなく良書です。これやり込むだけで語彙力が飛躍的に向上します。

最後の100語とかマジで難しいですけど、やった方がいいです。

単語って"知ってるか否か"で得点に繋がるので、どうせならやりましょう。

 

続いて、TOEIC用の文法の勉強。

 

これはTOEICの"Part5"をターゲットにして作られた本なので、即効性が高いです。

 1,2周目は普通に解いて、3周目以降は音読本として使いました。

 

 そして、試験(レベルの)問題に触れます。

 

少々お高く、試験問題も2回分しか入ってませんが"公式問題集"なので再現性が高い。

試験を制限時間計って解くのも重要ですが、それ以上に復習が大切だと思います。

自分は3周やりましたが、問題の癖・時間配分等のテクニックも再考できるので

周回するのが良いと思います。

 

最後に、テクニック本で総復習。

 

 この本やれば短期間でスコアアップを狙えます。

"選択肢の切り方"とか実用的な話もあるので、学べることが多いです。

 

工夫した勉強法

とにかく「音読」を重点的にやりました。

「何か英文があったら音読してやるぜ!」みたいなノリでしたね笑

主な音読方法としては、シャドウイング&オーバーラッピングを使いました。

シャドウイング⇒英文スクリプトを見ないで、英語音声に少し遅れて発話する方法。

オーバーラッピング⇒英文スクリプトを見ながら、英語の音声と同時に発音する方法。

普通の音読に上記の二つを絡めると、音読の質が向上するのでオススメです。

 

勉強していて感じたこと

TOEICはテクニックである程度は得点が伸ばせる気がします。

各Partごとにやり方を研究しつくして挑むと、安心感も生まれますし。

また、600点超えるためには、とにかく「単語」「文法」を極めるに尽きます。

特にReadingは「Part5・6を速攻で解いて、Part7に時間を回すという戦術」

超絶重要なので、その戦術を会得するために単語と文法が必要不可欠ってことです。

あとは、実際の英文に触れてアウトプットしていけば自ずと得点が伸びます。

 

最後に

英語が好きになりつつあるので、英会話でもやろうかと思ってます笑

また、資格勉強はしばらくお休みして、趣味を楽しもうと思います。

 

ではでは~ノシ

脱オタのすゝめ ~概要~

さて、早速ですが「脱オタのすゝめ」を書いていこうかと。

元々オタクだった私が語っているので、ある程度の信憑性はあるはずです。

※私は、オタク歴約10年。オタクを辞めて約1年です。参考までに。

 

はじめに

まず言っておきたいのは、オタクは"趣味"兼"属性"です。

活かそうと思ったら存分に活かすことができます。

なぜなら、オタクコンテンツに費やしていたエネルギーを現実世界に転換すればいいだけなので。そんなに難しいことではないかと思われます。

オタクは一つのことに没頭することが得意なので、現実でそのパワーを活用できれば

最強です。

 

オタクを辞めるタイミング

意見が分かれそうですが、「やることが無くなったら」辞めていいかと思います。

要するに、「惰性で仕方なくオタク趣味を続けている状態」に

なったら引退を考えるべきかと。

消極的な姿勢で続けているので、いつかは辛くなってきます。

「無理やり卒業した方がいいんじゃない?」との意見も出そうですが、それは止めた方がいいです。というのも、同族嫌悪に陥るからです。

つい最近まで同じオタクだったのに、卒業した途端オタクを見下すようになるからです。これは、人としてどうかと思いますし友達も減るしでいいことなしです。

なので、自分で基準点を作ることをオススメしたいです。

以下例:

「自分の好きなアイドルグループのラストライブに行ったら卒業」

「学生時代は思いっきりオタク趣味を楽しむ。そして、社会人になったら辞める」

私もこういう風に卒業したのですが、後腐れがないのでスパッと辞められます。

もし、どうしても辞められないなら、無理して辞めなくてもいいと思っています。

どうせなら、思いっきり楽しんじゃいましょう。いつかは考えが変わります。

その時が来るまで待ち続けましょう。

 

オタク卒業後の、趣味など

結論から言うと、「気にしなくていい」です。

時間が経てば、自ずとやりたいことが定まるはずです。

実体験を話すと、私は趣味がこのように変わりました。

(オタク時代):

アニメ・漫画・ゲーム

(脱オタ後):

楽器(ドラム)・読書・旅行・映画鑑賞etc...

ここでポイントなのが、「継続できる趣味をチョイスすること」が挙げられます。

趣味を作ろうと色々挑戦することはいいのですが、続けやすいものにしましょう。

 

オタクを辞めて、良かったこと

これは色々とあるのですが、考え方が大人になりました。

「○○ちゃんは俺の嫁」的なイタイ発言をしていた時期もありましたが、今では見る影もないです。考え方が大人になり現実の女性としっかり向き合えるようになったので、オタクを辞めて良かったと思っています。

また、人の為・社会の為に行動しようとポジティブになれたことが大きいです。

変わったこととしては、内面的な部分が多いですね。

 

最後に

私はオタク趣味を後腐れなく辞めたので、オタクに対して否定的な気持ちは微塵も

持っていません。ただ、漫然と日々を過ごしている自分を変えたかったのです。

もし、この記事を読んで考え直すきっかけができたのなら幸いです。

私もリア充になるべく日々邁進していきます。

以上、yassuでした。

  

ブログの道

こんにちは! yassuです。

今回は、これからのブログの方向性について書きたいと思います。

 

今までの記事をご覧いただければ分かりますが、ジャンルは気にせず自由に書いてます。そこは変更しませんが、私体験も加えていこうと思います。

(今までは、本の紹介とか当たり障りない記事が中心だったので...笑)

例えば、「元々オタクだったけど脱オタしてこうなった~」とか「オタクを辞めてできた時間をどう過ごしているか~」とか語っていきたいと思います。

ネットで不特定多数の方々に閲覧していただくのであまりパーソナルな情報は載せられませんが、できる限り読みやすい記事を書けるように努力していきたいです。

また、主に以下の情報を求めている方々に向けた記事を書いていきます。

① 現在オタクだけど、脱オタして人生を充実させたい

② ストイックに何かチャレンジする為の参考にしたい

③ 何か暇潰しをする為の趣味・娯楽を探したい

こんなもんですかね。

あと、ブログの機能も色々と使いつつ、手探りではありますがブログの幅を広げていければと考えています。温かい目で読んで頂けると幸いです笑

所信表明にはなりましたが、宜しくお願いします~

 

Kindle = 最高

こんにちは!yassuです。

今回は、「何か新しいことを始めたい」方向けの記事になります。

それは何かというと...

Kindle

です。「んなもん、知ってるよw」という人も多いかもしれませんが、暇つぶしがてら記事を読んでみてください。

  • なぜ、Kindleが良いのか?

Kindleの良さは、何よりも「手軽さ」の一言に尽きます。

気軽に好きな本をダウンロードして読めるし、電子書籍なので嵩張らない。

通勤・通学時間などの時間を有効に使うことができます。

実際に、私も往復2時間の通勤時間を使い、1週間に1冊ペースで読めています。

読書に対するハードルが下がるので、有用性が高いと考えます。

Kindleは"Kindle Unlimited"という読み放題のサービスがあります。

詳しくは下記のURLからどうぞ。

https://amzn.to/2R48up6

読み放題なので、様々なジャンルの本を読んじゃいましょう!

また、"Kindle Paperwhite"というタブレット端末があります。

私も購入を検討していますが、旅先等で活躍しそうですね。

 

  • 最後に

現代はデジタル社会です。このデジタル化の波に上手く乗れると生活が豊かになると感じます。

Kindleで読んだ本のレビューは、別途記事で紹介していきたいと思います。

ではでは~ノシ